子供が勉強のできない本当の理由とはなにか

勉強のできない子どもによく親は子供に向かって「勉強しなきゃダメじゃない。」とか「勉強をやれ。」とかの温かいエールを送ります。

素直な子供ほど親の期待にこたえるために勉強しようとは思うのです。しかし、子供がいざ勉強を始めようとしてもなにをどのようにやったらいいのまるで分からないので、とりあえず学校で配られたワークブックをやって、それを答えあわせをやって終わり。そして、いざ定期考査を受けてもやはりテストの点数は前と変わらず。そして、そのような生徒はテストの結果を見て「ああ、自分は頭が悪いからできないんだ。」とか思うのです。

確かに彼らは頭はあまりいいとはいえません。なぜならば、彼らは勉強の方法を勉強しようとは思わずに自分なりのやり方で勉強を始めてみてあまり芳しくない結果が出ても、それが今やっている勉強方法がよくないのではないかという疑問をもたずに、ただ一方的に自分の頭が悪いことだけをテストの点数が悪いのと結び付けてしまっているからです。脱毛ラボ 銀座